It’s Apparently Kaqriyo Terror Week; Song #3 Up

Not once, not twice, but thrice now has Codomomental’s latest bizarre sound machine dropped a track on us in just a single work week. As usual, “Like a Fake” is on the two-hour window, but that never stops anybody who really wants to listen to anything, anyway.

By now, you know the routine.

Listen at any point!

Lyrics

Ah Don’t let me down.

誰が為の真実? 何が故の現実? 稀に見える転結 Ha-
歯痒さ抱きジレンマの渦 ガラクタばかり集めてるよ

生前はマイナス 決戦は放棄す 面前蜃気楼 朦朧と浮遊
しょっぱいのいっぱいに舐め尽くしてきた
勘が言うのここが覚悟本能を揺さぶれ

紛いもんです 苦いもんです 自分自身 偽物で
認めないで 見ないフリで 逃げ惑うのが 猿のようです。
真っ当な世界じゃないこと 十二分に理解し
ダサいもんです キモいもんです だからこそここでリセットになれ

簡単な希望 お好みの理想 脳内は腐る 麻痺し詰まる
そんなんを繰り返し生きてきた だからわかる変わる今が時と対峙した

歯痒さだらけジレンマと屑 ガラクタばかり膝抱えたけど

紛いもんです 辛いもんです 自分自身 吐きそうで
認めないね!見えないね!逃げ惑うのは 終わりそうです。
TABOOだらけだからこそ 自分次第変わる
ダサいもんです キモいもんです でもいいのまだまだもがいてくよ

誰が為の真実? 何が故の現実? 稀に見える転結 ここは天国?
見渡せば陰湿 扉なき寝室 抱え込み禁じる 自分信じる

泥迷路 やいの言わずもがな走ってくの嗅覚は狗並み
鬱冥土 そうだ光見つめこの目焼けて焦げようとも

歯痒さ抱きジレンマの渦 ガラクタばかり集めてるよ

紛いもんです 苦いもんです 自分自身 偽物で
認めないで 見ないフリで 逃げ惑うのが 猿のようです。
真っ当な世界じゃないこと 十二分に理解し
ダサいもんです キモいもんです でもいいのまだまだもがいてくよ

生前のマイナス 決戦に蜂起す 面前蜃気楼 武者震いKiss
困難は虚像 膨大な馳走 どうなんだ楽しむ。

This is somehow at once both the strangest and most straightforward track that Kaqriyo has delivered yet. I don’t have any easy analogues for it, you know? It’s dark, heavily electronic hip-hop, only way more than that, too. Not a screamy moment to be seen! I don’t know Codomomental’s play with this unit, but so far there’s a little bit of the ol’ throw-it-at-the-wall technique at play. Enjoyable!

One thought on “It’s Apparently Kaqriyo Terror Week; Song #3 Up

Leave a Reply